あなたの感情に蓋をしない、感情を出す事であなたは幸せになる

本音を吐き出す大切さ

私が傾聴してきた人で
親が、子ども(自分自身)の話を
聴かない、聴けない人だったという方が
結構います。

 

親(特に母親)から話を聴いてもらっていない人

こういう方、複数います。
とてもご本人は辛かったろうと
思います。

 

 

 

実は、その母親自身も、
親から話を
聴いてもらっていなかった事が
多いです。

母親の母親(お祖母ちゃん)も
子ども(母親)の話を聴いてこなかったから、
母親も、人の話を聴くという事がわからない、
だから、話を聴けないという事があります。

 

親が辛い思いをしてきて、
その気持ちを吐き出す事ができなかった

母親は、普段、辛い思いをしてきて
育ってきた。

または、祖母や祖父から
話を聴いてもらってこなかった、
あるいは、
「お前が悪い」
「●●は、できない子」
と否定された。

母親の辛い気持ちを
子どもに話し、
子どもがずっと
母親の愚痴の聞き役をしてきた、と
いう方もいます。

母親はそれで気が済むかもしれません。
しかし、子どもは大変です。

小さい子どもこそ、感情を吐き出し、

聞いてもらいたいのです。

それなのに、話を聴いてもらえないのはとても苦しいです。

親があまりにも大変なので
自分は問題を起こさずに親に負担を
かけまいとします。

(↑中学生の時に、
母の病気が深刻だと
知っていたので、
私もその気持ちは
少しわかる気がします。)

あまりにもいい子を演じると…

自分は問題を起こさずに
感情を押し殺して
いい子の振る舞いをしてると
周りや先生は、気づきにくいです。

親や教師の顔色を見て
自分の行動を決める習慣になっていると
ホンネを言ったり、
したい事をするのが苦手です。

これが続くと
心の中にストレスを抱えて
飽和状態になると、
無気力になったり、
鬱になったりします。

こんな時は感情を押し殺す事なく、
辛い、と
いつも心配なんだ、と
誰かに話を聴いてもらう事が大切です。

ちょっとこれは、私にも
当てはまるかも…..
母が亡くなるまでに
母の事をあまり人に
話す事がなかったですね。

かろうじて、
夫には話したような気がします(笑)

夫には感謝ですね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください