サービス

風花の傾聴サービスのご案内

 

傾聴とはなんでしょう?

傾聴(相手の心を受け止めて、
しっかりと話を聞く)は
相手を理解する事です。

私はそれに加えて、
傾聴は相手を好きになる事(愛する事)で
あると思っています。

私は傾聴するのが好きですが、
傾聴してもらう事も大好きです。

なぜ、人は自分の話を聞いてもらうのが
好きなのでしょうか?

なぜ、人は自分の話を
聴いてもらうのがすきなのか、
その理由は、4つあると考えます。

1)自分の感情をさらけ出せるから
2)自分ひとりでは気づかない視点を得られる
3)自分の本音に気づく事がある
4)自分を肯定してもらったと感じる

それらについて詳しく説明しますね。

1)自分の感情をさらけ出せるから

 

それだけなら、
一人言を言っても同じです。

でも相手がいる場合は
自分の話を聞いてもらいます。

聞き上手な相手を前に
話すと、話しやすく
適切な反応があると、
楽しくなります。

 

そして、さらに話したくなります。

 

人は、
自分の楽しい話、悲しい話を出して
感情をさらけ出して、
共感してもらえると
とても満足するものです。

 

自分の感情に蓋をして
長い間、さらけ出す事をしないと
心の病(うつ病)等や体の病気に
なります。

 

感情の我慢はよくないです。
いい人はやめて
自分の感情を出した方が
自分の心身のために
良いのです。

 

2)自分ひとりでは気づかない視点を得られる

 

傾聴の副産物として、
過去の状況
(自分の考え方、その時の対応の仕方)
を冷静に思いかえす事も
できます。

自分が行った行為が楽しかった場合、
こうした時は私は楽しかった、のね。
自分のパターンがわかります。
自分の事がよりよくわかるのですね。

逆に悲しい、辛かった行為の場合、
話していて、自分はこういう行為に
傷ついたのか、悲しかったのか、というのが
話しながらわかります。

過去の自分の感情、行動パターンに
納得したり、整理できたりします。

傾聴相手の適切なあいづち、質問は
自分の考え方と違う、他人の見方を
知る事ができます。

話をする人が、
過去の出来事に対して
ネガティブな側面でしか
考えていなかったとします。

しかし、傾聴者がポジティブな見方、
あるいは別の視点からみた状況を
話してくれた場合。

同じ出来事でも
解釈の仕方がまるっきり
変わる事があります。

3)自分の本音に気づく事がある

2)と似ているのですが、

自分の感情をさらけ出す事を続ける
いつの間にか自分の本音を
出している事があります。

現代社会は、技術が発達し、
働き方、住まい方は
多種多様になりました。

そして、人間関係は
複雑でより繊細になったように
思います。

人との距離は、
トラブルを招かないように
ある程度、距離を置く。

その結果、トラブルは
招かないように
付き合い方はスマートになり、
本音を出す事が少なくなるのでは
ないでしょうか?

お金を
確実に得られる
仕事を続けた方が
生活しやすいから
したい事よりも
できる事をしよう。

そうしていても
自分が心の底から
楽しいと感じられない。

実はしたい事は
別の事でやってみたいのを
我慢していた。

話しているうちに
実は自分でも
気が付かなかった
自分の本音が
わかるようになります。

私自身が、
傾聴の仕事をしてみたいと
昔は思っていなかったのです。

「話を聴く事が好きだなあ、
一日、ずっと人の話を
聴いていても
いいくらいだなあ….」
と人に話していたら、

これは自分の本音だと
気づいたのです。

話す事で気づく事がありますね。

4)自分を肯定してもらったと感じる

ある方は、
過去の自分の生活を
少し恥ずかしく
感じていました。

私は話を聴いて

「人と違う体験は
全く恥ずかしくないです。

あなただけしか経験していない
素晴らしい事です。」

とお伝えしました。

その方は、
傾聴の後は、
ご自分のしたい事を
自信を持って
より積極的に
取り組めるように
なりました。

人から真剣に
話を聴いてもらうと
自分の意見を
肯定してもらったように
感じます。

それは自分の存在も
肯定してもらったように
感じるものです。

自己肯定感ですね。

でも実は、必ずしも
話を聞いている人が
話し手のすべての意見を
肯定しているわけでは
ありません。

でも、話を聴いてもらうと
肯定されたように感じます。

これは大切です。

私が傾聴した方の中には、
小さい頃、親からゆっくりと
話を聴いてもらう経験が
なかったという方が
少なからず、いました。

親も、事情があり、
自分の事が精いっぱい。

子どもに話を
聴いてほしい
状況だったのです。

子どもが親の話を
聴いてあげるばかりで
子どもは
話を聴いてもらう
機会がなかった。

そして、
傾聴された事がないから、
傾聴できない。

その結果、
自分が対人関係を苦手に
感じている。

その方たちは、
私が傾聴した結果、
人に話を
聴いてもらう心地よさを
知りました。

すべてを受け止めて
もらったような
安心感を得たと
感想を頂きました。

そうして、ご自分でも
人の話を聴けるように
なったのです。

あなたにも私の傾聴を経験して、
変わっていただきたいです。

私の傾聴は次の方が対象です

 

●傾聴とは、人の話を聴く事とは、よくわからない人。

●親があまり話を聴いてくれない人だった人。
だから、人の話を聴く事(傾聴)がわからない人。

●傾聴できた方がいいと思うが、
話をするのが好きで話してしまう人。

●介護の仕事、人の世話、自分の病気で疲れている人。
疲れている事を自覚せずに、まだ頑張れると頑張ってしまう真面目な人

弱音を吐くのに慣れていない人(<=昔の私)

●ちょっと特別な自分の過去について後ろめたかったり、
人に話すのが憚られる人

(ちょっと特別な過去は全く後ろめたくありません。
人と違う過去は、誇っていいと私は思います。)

●人には話してこなかった事だが、
話してみたい事がある人

●家庭の妻や母の仕事をこなして、
こどもや夫、家族の事を優先してしまう人。
自分の楽しみは、なんとなく後回しにしてしまう人。

 

●(仕事もしているのに)
夫や家族の助けをあまり頼りにしないで
一人でやってしまって疲れている人。
(頼んだりする方が面倒と思ってしまう人<=過去の私)

●世間の枠(結婚しなくては。
子どもをつくらなくては。
いい妻でいなくては。
いい嫁でいなくては。
離婚をしてはいけない。
複数回の結婚はいけない。
年相応のふるまいをしなくてはいけない)
が嫌になってしまう人

(自分が楽しい事をしている人が最強だと思います。)

●自分がしたい仕事がわからず、
できる仕事をこなしている。
しかし、実は他の仕事をしたいと
思っている人(<=過去の私)

 

上記のような人にとって、
私の傾聴は
自分の本音をさらけ出して
楽になれるものです。

 

楽になって、
自分自身を
好きになってください。

その次は、
あなたがあなたの周りの人を
愛せる人になってください。

そうして、周りの人と温かく
信頼できる関係を気づいて
幸せになって
頂きたいと
心から願っています。

私の傾聴の料金

 

私の傾聴の料金は以下のようになっています。

 

1)直接対面傾聴  5000円/時

2)ZOOMでの傾聴  3000円/時

 

傾聴をご希望の方はこちらから
都合の良い時間等といっしょに
お申込みください。

(こちら、をクリックすると都合の良い時間から申し込みができます。)

 

只今、無料傾聴セッション(20分/ZOOM/無料/カメラオフ)も

行っています。

よろしくお願いします。