あなたの感情に蓋をしない、感情を出す事であなたは幸せになる

私は空気や風になりたかった

「あなたも周りも幸せになる傾聴」
の傾聴家の青柳風花です。

 

私は昔から、なんとなく、

「人と人との間に漂う空気や、風や

飛んでいく羽のような存在になりたい」と

思っていたのですよ。

 

 

それは、『誰からも感謝されないけれど、

息をするには必要不可欠な存在。

目立たないけれど確実に人の役に立つような存在。』

の意味ではないです。

 

 

 

 

自分の存在は、空気のように自然に存在していて

人が嬉しそうに笑っている様子をさりげなく見ていたい、

人が疲れてつぶやいている様子を見られる距離にいたい、

という意味で

空気(風)みたいな存在になりたい、と感じていたのです。

 

 

 

役に立つとか、立たないとかは関係ないんです。

自分がやりたい事をするには、

それが都合がいいかなと。(私都合です)

 

 

 

そうして、人が楽しそうに話しているのを見ていると

私は楽しいなあ、飽きないなと感じます。

これが仕事にならないものかな、と

考えていました。

 

 

この欲求を満たすのは

私にとっては、傾聴なんですよね

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください