あなたの感情に蓋をしない、感情を出す事であなたは幸せになる

傾聴をしようと思ったきっかけ(1)

身近な人と幸せに暮らすための傾聴の青柳風花です。

傾聴をしようと思ったきっかけ(1)

 

傾聴をしようと思ったのは次の2つの出来事

あったからです。

(3つ目は別記事)

1)10年前に父と兄夫婦の同居・別居問題を
家族問題カウンセラーの人が話しを聴くだけで
解決した事にびっくりしました。

家族や人間関係の問題は、人間に感情があるため、
良い、悪い等の判断では解決できないのですね。

また、人間関係がスムーズでないと
生活や健康に大きな影響や
ダメージを与えます。

すぐに解決できない問題は、
傾聴すると心が落ち着く時がある、と感じました。

2)4年前、私の30代のママ友が
子宮頸がんで亡くなりました。

 

私は2度ほど、話を聴いていました。
彼女はその時、体は辛いけれど、
穏やかに話してくれました。

彼女が亡くなった時は
自分の無力さに打ちのめされます。

しかし、後々、病気は治せなくても
少しは、彼女の心は癒せたのではないかと
思ったのです。
彼女に会いに行かないよりも
会って話を聴けた方が、良かったと。

人生の中では、相手の話を聴く事が、
何よりも大切な事ではないかと感じたのです。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください